「美味しい甲斐」とは

「一般社団法人やまなし美味しい甲斐」は、県内農畜産物の加工品開発事業として、平成23年度にスタートした県の「美味(おい)しい甲斐開発プロジェクト」を発展させ、商品の販売力強化を目的に、生産・加工業者による社団法人「やまなし美味しい甲斐」が平成26年7月中旬に設立した団体です。
同プロジェクトの商品開発機能を強化し、「美味しい甲斐」をブランド商標化して、販売促進活動へスタンスを広げていく取組を行っております。

農畜産物の生産者と加工・商品開発業者がタイアップして開発する製品について、県農政アドバイザーで東京農大名誉教授の小泉武夫氏が監修し、これまでに100品を超える開発実績となります。甲信食糧(中央市)の「温泉ワインうなぎ」、専匠(甲府市)の「甲州地酒粕味噌漬け」、ハーブショップYOU樹(き)(昭和町)のジャム「ルビーの雫」などは同プロジェクトによって生み出された商品です。

生産・加工業者は、商品開発とともに組織による販売促進力が重要と捉え、生産・加工・販売を一体化した実践組織として、事務局を山梨県中小企業団体中央会(甲府市)に置きスタートいたしました。平成29年度からは、事務局を民間法人である株式会社良品に置き、より発展的な運営として実店舗販売、ネット販売など、製品の付加価値づくり支援、社員交流によるコラボ製品開発を展開しています。